PICK UP

プロダクトリリースしました。「全ての機器をコントロール可能にする」ZUGYUUUN!

INFORMATION

澤 規仁

Bunnyhop Inc.から新プロダクトを発表いたします。

「Everything Controllable! 全ての機器をコントロール可能にする」 をお題目に、商品名を「ZUGYUUUN!」(ズギューン!)といいます。
 
 

このプロダクトは、Raspberry Piという汎用Linux PC向けに作られてまして、専用OSクラウドサーバ、そしてJavaScriptベースのSDKから構成されています。

ZGN素材.001

プロダクトの特徴は以下な感じです。

  1. NAT超え通信 通信プロトコルにWebSocketを採用していますので、ファイアウォールやルータの内側にあっても、ネットワーク設定なしでいきなりコントロール可能です。 これは、どこにいようとも、地球の裏側の機器だとしても、いますぐ制御可能であることを意味します。

  2. 低コスト Raspberry Piは1台3,000円台です。100台導入しても30万円台。 一時的なプロモーションで数百台の端末を利用しても、一般的な広告費で十分にお釣りがきます。 当然ですが、定常的な設置にも驚くほどの低価格で。 私達のプロダクトは、破壊的イノベーションを起こすものです。 破壊的イノベーションとは何か。単純です。それはただの圧倒的な、コストダウンです。

  3. 低難易度 平均的なWebプログラマやWebデザイナが、十分に対応できる開発プラットフォームを用意しました。 使う言語知識はHTMLやJavaScriptで少量のコードを記述するだけです。 ネットワークやサーバ、セキュリティの心配は必要ありません。

  4. gitオートデプロイ GitHubなどのソースコード管理サービスと連携しています。 登録されたGitリポジトリのソースコードは、自動で機器に反映されます。 FTPアップロードどころか、もはや、サーバやネットワークを意識することすらないでしょう。

  5. 全ての端末は管理画面から操作可能 専用OSで起動したRaspberryPi端末は、管理画面上に表示され、状態が表示されます。 OSやSDKのバーション管理、端末のリブートやシャットダウンもいつでも行えます。

サーバにアカウントログインすると、RaspberryPi端末毎にOSがダウンロードできます。 OSをSDカードにコピーして挿せば、自動でサーバと通信が始まり、スマートフォンからコントロールできる、というものです。
 

例えば、スマートフォンから照明をつけたり、鍵を開けたり、シャッターの開け閉めも簡単にできるようになります。通信プロトコルにWebSocketを使ってますので、ファイアウォールもNATも超えてコントロールが可能です。
弊社ではこの用に活用しております。  

今後、サンプルデモコードやリファレンスなどが準備でき次第、個人向けプランを公開する予定です。
ご興味持たれた方は、ぜひお声掛けください!

blog_banner