PICK UP

つくってみた!監視カメラとslack通知(前編:できたほうこく)

LAB

澤 規仁

やっぱり監視カメラって何かとあったほうが安心ですよね。
実は弊社ではカメラ関連のお仕事をよくやっておりますので、自社内用にもつくってみることにしました。

要件定義:これができていたい

  • リアルタイム監視
  • 通知
  • 録画(1ヶ月間)
  • 監視モード切り替え

材料

  • ネットワークカメラ(動体検知機能があるもの)
  • クラウドサーバ
  • スマートフォン(各自)
  • SSL証明書

最近のカメラは高性能で動体検知機能っていうのが付いているんですね。
これは、画像上の特定のエリアに動きがあると、なにかしらの動作を設定できるというインテリ機能であります。
(クラウドサーバは録画データ保存と通知用、SSL証明書は通信のセキュリティに使います。)
今回はこの機能をつかって、かんたんな防犯ソリューションをつくってみます。

こんな感じ

いつものようにカキカキします。

  • カメラの画像はインターネット上のサーバに毎秒保存され、閲覧はスマートフォンからサーバにアクセスされます。
  • 画面の動きを検知したら、カメラからサーバに通知、サーバからslackに送信され、各自のスマホで表示、という流れ。
  • 監視モードは各自のスマホから切り替えられます。

運用の様子です

動作してる!

エントランスに動きがあると通知がきました!!

監視モード切り替え画面はこんな感じ。。

録画オッケー!!slackのリンクをタップすると、前後10秒間がスライド表示されます。

サーバには毎秒で、jpg画像ファイルが保存されていきます。

感想

これで怪しい奴がアラートされたら、110番すれば警備会社いらねんじゃね?と思いつつ、、、

ただ、警備会社を入れるほどでもなぁ、というシーンは案外多いのかもしれません。
通知機能があればいいみたいな?格安、お気軽に監視カメラを導入したいって市場は案外あるかもしれませんね。

カメラ関連の製品は弊社でも多く取り扱っていますので、 カメラ使ってあんなことがしたい、こんなことがしたいなんて時は、ぜひご相談ください。

次回はしくみの話について、ゆっくり書いていきたいと思います。